介護老人福祉施設(施設入居)

 常時介護が必要で、ご自宅での生活が困難と認められた方を対象に、入浴、排泄、食事などの介護、機能訓練、健康管理などの療養上のサービスを提供している施設です。(原則、要介護3以上の認定を受けられた方)
 入居者一人一人の心身の状態に合わせ、日常生活の様々な場面で入居後も在宅での暮らしを継続していけるよう、安全で安心な介護サービスを提供しております。

短期入所生活介護(ショートステイ)

要支援・要介護と認定された在宅で生活をされている方が、一定期間施設に滞在して必要な介護サービスを受けながら生活していただくサービスです。
冠婚葬祭や介護者の体調不良などの在宅介護が難しくなった時などに、ご利用することが出来ます。

利用料金について

居住費と食費の負担額は、過重な負担とならないよう課税状況や課税年金収入の状況に応じて4段階に区分されており、第1段階から第3段階までの方は、下表のように保険者に申請することにより減額されます。
縦可変画像
施設利用料・高額介護サービス費の支給【一割負担】については、一ヶ月の介護サービスの一割負担の合計額が所得に応じた一定の上限額を超えた場合には、市区町村に申請することにより超えた分が払い戻されます。
また、所得に応じた利用料減免措置の制度があります。
詳しくはお気軽にお問合せ下さい。
縦可変画像
下表は1ヶ月の概算利用料金表となります▽ 
縦可変画像
【施設の体制等に係る加算】
サービス提供体制強化加算Ⅰ(イ)               18単位
精神科医指導加算                        5単位
口腔衛生管理体制加算(一月あたり)            30単位
栄養マネジメント加算                   14単位
個別機能訓練加算                     12単位
夜勤職員配置加算Ⅱ(ロ)                 18単位
看護体制加算Ⅰ(ロ)                    4単位


【その他必要に応じて算定する加算】
初期加算(入居後30日間のみ)                30単位
外泊時加算(一月に6日を限度として)          246単位
療養食加算                        18単位                        

入居前の準備について

   ~ご自分で愛用していた家具類の持ち込みが可能です~
dummy 【衣類、日用品】
□ スウェット等の上下室内着(普段お召しになっているもの) 夏用、冬用3~5着
□ 羽織れるもの(洗濯可能なもの) 3~5着
□ 肌着シャツ、肌着ズボン 夏用、冬用3~5着 
□ 靴(室内履き1足)、靴下 3~5本
□ 歯ブラシ、歯磨き粉、コップ
※全ての持ち物に名前をご記入の上、お持ち下さい。

【その他】
□ 転出証明書
□ 介護保険証、医療保険証 (原本をお預かりさせていただきます)
□ 印鑑 (シャチハタ不可 口座開設に必要となります)
□ 現金 (口座開設に必要となります。お預けは2,000円から)
□ 医師の診療情報提供書 (書式は問いません。)
□ ADL票 (日常生活動作票です。書式は問いません。)

面会時間のお知らせ

当苑のご家族様の面会時間は、原則午前10時から午後17時までとなっております。
遠方からお越しの方で、大幅に時間が過ぎてしまうような事がありましたら施設までご一報ください。
出来る範囲で対応させていただきます。

外出・外泊のお知らせ

年末年始や、外食等で外出を希望されるご家族は、あらかじめ施設まで確認の連絡を入れていただけますよう、お願いしております。事前に外出申請を出して頂くことにより、手続きがスムーズに運びますので、ご予定がある時には施設までご連絡下さい。
青梅白寿苑とは
ショートスティ空き情報
内部研修
採用情報
交通アクセス